読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関数型的なJS

JavaScriptで学ぶ関数型プログラミング

JavaScriptで学ぶ関数型プログラミング

ECMAScript6まじりのJavaScriptに手が馴染んできました。Reactがclass構文をサポートしながらも、現バージョンの0.14.xではまだmixinがサポートされていないためほぼそこだけはReact#createClass()を用いてます。これはreact-routerもmaterial-uiもそうしてるんで今のメジャーソリューションなんだと思います。他はBabelで通る限り極力6で書く。手に馴染んでくると、朧げながらもベストプラクティスが見えてくるものだと思います。ということで。。。

Reactで可変長のリスト表示を作る時によく見るmapがきっかけでしたが、その後にもすでにECMAScript5からArray型にreduceだとかforEachだとか標準で入ってたことを知り、関数をダイナミックに作って返すなんてのはPassport.jsなどのExpressミドルウェアライブラリでは至極よく見る作りだったのでこう言った関数型的なところのプラクティスを一度ちゃんとさらっておきたいなあと思って、正月に日本に帰った時に「JavaScriptで学ぶ関数型プログラミング」を買ってきてました。JavaScriptじゃない言語で読んでも疲れちゃうなあと思ってたのでこの本見つけた時には喜んだ。で、読んだ。。。うざくて読みずれー。

5が見えてるけど普及がこれからの時期に3前提でUnderscoreを用いて説明してるためにちょっと迂遠なのと、各所で「すごいでしょう?これが関数型のパワーなのです」ということを修辞を変えて繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し(中略)繰り返しのために、大事なことと大事じゃないことがごっちゃになる。

JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法

JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法

実は「JavaScriptパターン」第4章:関数の方が概要大体のことを得ることができます。「関数型プログラミング」の方はいろいろ丁寧に書いているし、より高度なのにもったいない。手頃かつ他にない良書の素質があったのに無駄なウザさで減点。でも総合点では良書かなあ。この本を読んでからはreduceRightとか使うようになりました。

ECMAScript6で学ぶ関数型プログラミング、がすでに世の中みんな関数型っぽく書いているよねーって前提で淡々と書かれたら神書の予感。

別の話だけど、結構Reactで書けるようになってきたので、すぐにはやらないけどReact Nativeもちょっとさらっておきたかった。

Learning React Native: Building Native Mobile Apps with JavaScript

Learning React Native: Building Native Mobile Apps with JavaScript

日本語の訳書が出てなかったら原書を紙で買います。ここは米国なんで在庫も豊富で安いし、ちょっと読んでダメだったら返品できる。それにしても私はオライリー好きなのかな。オライリーじゃなきゃManning(〜in Actionって仮装した人が表紙になるやつね)か。一緒に買ったけどまだ届かないのも、どうやらオライリー関係会社っぽい?なぜか出版社のWEBサイトが一緒。

Mongodb Data Modeling

Mongodb Data Modeling

追記

GitHub - brigand/react-mixin: mixins in react with es6 style classes

react-routerのドキュメントでたまたまこちらへ誘導されましたが、ES6-classでMixinを実現しましょうライブラリ。さらに承前としてラッパーコンポーネント的にmixin機能を代替する記事 (https://medium.com/@dan_abramov/mixins-are-dead-long-live-higher-order-components-94a0d2f9e750#.nlylwdx3d) 。おや?Reactはmixinをなかったことにしたい?現バージョンのドキュメントにはその痕跡見つからなかったけど。。。同じく将来も残るか怪しいって公式ドキュメントに書かれているcontextと共にバリバリ使ってるんで、ちょっと悩ましい。タイムラグのために最新では議論が違う方に行ってるのであればいいんだけど。react-routerがv2からmixinを廃止推奨してきたのはそのためか?代替案がcontext利用なので、それもまた悩ましいはずなのですけど。

とはいえ、ラッパーコンポーネントのイディオムはreact-side-effect(https://github.com/gaearon/react-side-effect/blob/master/src/index.js)のソースコードでも見て、ちょっと賢いと思ったので、使い方考えてみよう。