読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time Capsuleの不可視ファイルバックアップ


Time Capsuleのバックアップ設定から、不可視ファイルなどを全部外してみました。Time Capsuleの発売日以来、秘伝のタレ状態にバックアップを重ね、その間にAir→Proの2台でそれぞれ何度かのOS入替え時にも引き継いできていたのです。特に何も設定していなかったのでまるごと全部をバックアップとってました(途中、Time Capsuleのリコールで機器はまっさらにはなってますが、引き継ぎは途切れなくしてます)。おそらくそれが原因なんでしょう、最近Macの動きが悪いなーという次第に。何も設定しないと、不可視ファイルほか全部なにからなにまで、システムファイルからアプリケーションまで全部バックアップとります。ターミナルで「ls -a」すると出るわでるわ。末尾に「(古いMACから)」とついたシステムフォルダとかたくさん出てきました。それらを削るだけで結構ディスク容量が増える!
今回、とにかく必要最低限までに絞って、ほとんどのファイルをバックアップ除外としてみました。しばらく運用して後に、OSのクリーンインストールをしてみたいと思います。バックアップしておきたいのは作成文書群だけで、設定とかアプリケーションとかはむしろバックアップしておきたくないということです。ましてログやキャッシュなどは。