-名前

JSFJSPなどと今一度眺めなおして名前がかぶるものをあらかじめ変更して回避しました。たとえばApplication。MayaのほうでApplicationScopeとして回避。これは副次的なものとして、JSPの暗黙オブジェクトであるのですが、意味的にバッチリ同じになったのでRequestもRequestScope、SessionもSessionScopeにしました。ただ、スクリプト中からは、スコープ識別名の「application」でもとれますしServiceCycleのプロパティとして「applicationScope」でもとれます。影響がでるのは、JavaハードコードでMayaのAPIを使っている場合のみです。