読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Node.js 5.0へ

5.0!ほんの一年ぐらい前は0.10とか0.11とか名乗ってたのになあ。

www.publickey1.jp

運用モードでも全くないので、バシッと最新にしちゃいます。これまではnodejs.orgから落としてきたインストーラを使ったので「n」を入れて、そこからアップデートします。

$ sudo npm install -g n
$ n --latest
$ n latest

サクッと、結果は以下。

install : node-v5.0.0
mkdir : /usr/local/n/versions/node/5.0.0
fetch : https://nodejs.org/dist/v5.0.0/node-v5.0.0-darwin-x64.tar.gz
installed : v5.0.0

続いてnpmもアップデート。

$ sudo npm update -g npm
$ npm -v

結果は「3.3.12」ということです。

おいおい、babel周りがガラッと変わってるぞ

$ sudo npm update -g
$ npm update

何気なくGlobalもLocalも一切合切アップデートしちゃったんですよ。そうしたらもう、Babelifyが動かなくなってちょっとハマりました。ほんの数日前に書いたエントリが嘘八百。

babeljs.io

babel/babelify · GitHub に"> As of Babel 6.0.0 there are no plugins included by default. For babelify to be useful, you must also include some presets and/or plugins."って書かれてる通りBabelが変わって、Babelifyも当然変わる。プラグインのインストールとTranspileコマンドの書き換えを行います。

$ npm install --save-dev babel-preset-es2015 babel-preset-react
$ browserify App.jsx -o public/js/bundle.js -t [ babelify --presets [ es2015 react ] ]

-tスイッチの引数はスペースもちゃんと入れないと、[babelifyなんて知らん!と怒られます。パラメータのトークナイズがちょっと足りてないみたい。これで10/30に書いたのと同じことが再び出来るようになってます。babel-nodeもダメなんで、そちらはpackage.jsonの中にBabel設定を書きました。

// package.jsonの一部
{
  "devDependencies": {
    "babelify": "^7.2.0",
    "babel-preset-es2015": "^6.0.15",
    "babel-preset-react": "^6.0.15"
  },
  "babel": {
    "presets": [ "es2015" ]
  },
  "scripts": {
    "start_es6": "babel-node server.es6",
    "build_server": "babel server.es6 -o server.js",
    "bundle_client": "browserify App.jsx -o public/js/bundle.js -t [ babelify --presets [ es2015 react ] ]"
  }
}

WebStorm 11も製品版リリースしてた

リリースラッシュです。WebStrom も11.0になってました。EA版じゃなくなったし、そろそろ課金すっかな。