読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今はbabel-nodeで動かす

ECMAScript6で、node.js/express.jsのサーバ側を書く段になるとes6的メリットを享受できていません。Reactの方はclassを用いて書くといい感じなんですけどね。

// server.es6
import express from 'express';
const server = express();
server.get('/', async (req, res, next) => {
    res.status(200).send("Hello World!");
});
server.listen(8080);

$ node server.es6

で、こんなHello Worldでもそのままでは動かない。node.jsの今のバージョンであるv4.1.1だとModulesがデフォで対応していないのでimportでランタイムに文法エラーが出てきちゃう。そのうち対応するでしょうけど今は残念ながら--harmonyオプションでもダメなので、babel-nodeの出番です。babelをインストールしたら、/usr/local/binにいます。

$ babel-node server.es6

はい。動きました。しかし今使ってるv11プレビュー版のWebStormであるバージョンWS-143.380.11のデバッグ機構ではbabel-nodeを設定して一度目の実行はちゃんと動くけど、二度目以降はツールの中でポートを掴んでる何かにアプリケーションをちゃんとアタッチできないのか、WebStormが出す独自の404画面になっちゃう。これは多分WebStormのバグだな。babel-nodeでの実行をやめ、Transpileしてからnodeでの実行に戻しても同じ現象だし。コンソールでの起動ならば何の問題もない。

f:id:masataka_k:20151031095730p:plain

ちなみにこれはWebStormのデバッグ機構にbabel-nodeを設定するところ。一度目はちゃんとデバッグできるんだけどなー。