-put Apache in front of Java.


But as other Java based HTTP Connector, scalability is always limited to the number of available threads, and when keep-alive is required, suffer the one thread per connection paradigm. Because of this, scalability is most of the time limited by the platform's maximum thread number. To solve this problem, people usually put Apache in front of Java, or use a cluster to distribute requests among multiple Java server.


(Grizzlyがベースとして採用しているTomcat Coyoteも含めた従来の)JavaベースHTTPコネクタは、スケーラビリティは常に利用可能スレッド数に制限されています。keep-aliveでリクエストされた時は長い接続単位あたりそれぞれにずーっと1スレッドが費やされ続けます。そのため、スケーラビリティは多くの場合プラットフォームの最大スレッド数に制限されます。この問題を解決するために、普通みんなはApache HTTPDJavaシステムの前に置いたり、たくさんのJavaアプリケーションサーバクラスタしてますね。(これは大変な苦労です。)

だね。GrizzlyでApache HTTPDはもう必須ではなくなりますよということ。もちろんGrizzlyが成熟するまでは、「put Apache in front of Java」です。